元TOKIOの山口達也の酒気帯び運転の理由は病気?復帰説とは?

芸能

元TOKIOの山口達也さんですが、今回酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

復帰なども期待されていた山口達也さんですが、浮上していた復帰説、そして酒気帯び運転の理由、事故現場の状況や、現在の山口達也さんの様子などについてお伝えします。

元TOKIOの山口達也が酒気帯び運転で逮捕!

元TOKIOの山口達也さんが22日に東京と練馬区の路上で酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

信号待ちの際、前の自動車にぶつかり物損事故を起こし、呼気検査でアルコールが発覚したとのことです。

わいせつ行為からようやくほとぼりも冷めてきて、復帰説もささやかれていたところに起きた再逮捕。

ではこの事件はどこで起きたのでしょうか。

元TOKIOの山口達也が酒気帯び運転した事故現場はどこ?

元TOKIOの山口達也さんが現行犯逮捕された場所は東京都練馬区の桜台です。

練馬区桜台といえば閑静な住宅街で、落ち着いた住宅地で治安もいいとの口コミがあるエリアです。

元TOKIOの山口達也さんが事故を起こした交差点は明らかになっていませんが、閑静な住宅街の中の交差点である可能性はあります。

元TOKIOの山口達也が酒気帯び運転で逮捕された理由は病気?

元TOKIOの山口達也さんが酒気帯び運転で逮捕されてしまったのには理由があると考えられています。

可能性としてあるのは、お子さんとの面会ができなくなったことです。

子煩悩だった山口達也さんですが、離婚後に妻子がハワイに移住したことから、子供との面会時間が大幅に減る

酒量が日増しに増えていく

2018年の未成年への強制わいせつ容疑、ジャニーズ事務所の退所などもありますますお子さんと会うことが難しくなってしまったのでしょう。

すべての矛先がお酒に向いてしまい、今回の事件を引き起こしてしまった可能性があります。

元TOKIOの山口達也さんが治療していた躁鬱(うつ)病とは?

今回の事件の理由として考えられるのは、元TOKIOの山口達也さんが治療していた躁鬱病という病気です。

双極性障害は気分が高まったり落ち込んだり、躁状態とうつ状態を繰り返す脳の病気です。激しい躁状態とうつ状態のある双極Ⅰ型と、軽い躁的な状態(軽躁状態)とうつ状態のある双極Ⅱ型があります。

躁状態では、気分が高ぶって誰かれかまわず話しかけたり、まったく眠らずに動き回ったりと、活動的になります。ギャンブルに全財産をつぎ込んだり、高額のローンを組んで買い物をしたり、上司と大ゲンカして辞表を叩きつけたりするような社会的信用や財産、職を失ったりする激しい状態になることもあります。


https://www.smilenavigator.jp/soukyoku/about/

山口達也さんはこのうつ病の治療も続けていました。

そしてこの躁うつ病はアルコール依存症との合併が非常に高いことが問題なのです。

米国における一般住民を対象とした大規模調査で現在または過去にアルコール依存症と診断された人の調査によると、依存症の人には調査前1年間に限ってもうつ病が27.9%にみられて依存症ではない人と比べてうつ病になる危険性(オッズ比)は3.9倍、躁うつ病は1.9%にみられてオッズ比は6.3倍といずれも高い頻度で合併することが示されました。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html

うつ病とアルコール依存症は非常に高い確率で合併してしまうため、今回山口達也さんもうつ病の治療が完治せず、アルコール依存にはしってしまった可能性があります。

逮捕された時間が午前中ということなので、朝まで飲んでいた、つまり大量の飲酒をしてからバイクに乗っていた可能性がありますからね。。

元TOKIOの山口達也の現在の様子は?復帰説は?

元TOKIOの山口達也さんは現在練馬署に逮捕されたということでしたが、すでに警視庁本庁に身柄が移送されたとのことです。

最近まで復帰説がささやかれていたのですが、今回の件で復帰はまたさらに難しくなってしまうでしょう。

それでは元TOKIOの山口達也さんの最近の様子や生活、そして復帰説はどのようなものだったのでしょうか。

元TOKIOの山口達也の現在の生活は?

元TOKIOの山口達也さんはわいせつ騒動のあと、しばらく公から姿を消していました。

2019年の写真をみると別人のような容姿で、いままでとは全く違う見た目になっていましたね。。

他のTOKIOメンバーとのやりとりもあるという話があり、徐々にですが復帰への足取りをたどっていたといいます。

TOKIOメンバーの松岡さんの話では

「昨日も30分、話しました。すごく応援したいと言っています。彼も彼なりに一生懸命これから頑張っていくと言っています。今何を頑張ればいいのかというのは、具体的に彼自身が決めることだと思いますがとにかく、とても元気にしています」

このように話をしており、最近は元気に生活していることがわかっています。

病気である躁鬱病も回復に向かっていたというところで起きたこの事件、非常に残念な結果となってしまいました。

元TOKIOの山口達也は復帰説が動いていた

元TOKIOの山口達也さんの復帰説はひそかに進行していたといいます。

TOKIOの長瀬さんがジャニーズ事務所を退社し、残りの3人もジャニーズ社内から独立して、株式会社TOKIOを設立したことにより、復帰説が唱えられていました。

おそらく株式会社TOKIOを設立させて、ジャニーズ事務所ではなくそちらで山口達也さんの復帰シナリオを描いていたのではないでしょうか。

株式会社TOKIOとは?

元TOKIOの山口達也さんの復帰説としてあがっていた株式会社TOKIOとはどんな会社なのでしょうか。

株式会社TOKIOはTOKIOの城島さんが社長で、残りの国分太一さんと松岡昌宏さんが副社長という会社です。

設立:2020年7月22日
資本金:1,000万円
本店所在地:東京都港区赤坂9丁目6番35号(ジャニーズ事務所と同じ)
代表取締役:藤島ジュリー景子

城島さんは社長でも、権限はない取締役社長ということになるそうです。

事業目的は芸能人や文化人等のマネジメントやイベント、コンサートの企画などがメイン事業となっています。

「事業内容」

芸能人・文化人等のマネジメント
イベント・コンサート・講演会等の企画、制作及び運営
本・グッズ・CD・DVD等の商品の企画、制作及び製造販売
映画・テレビ番組等の企画、制作及び運営
著作権・著作隣接権等の管理
広告の制作、代理店業
不動産の管理及び運用
前各号に付帯関連する一切の事業

TOKIOメンバーも復帰に向けて動いており、本人も回復してきた矢先におきたこの事件。元TOKIO山口達也さんがTOKIOメンバーとそろって活躍する日はますます遠ざかりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました